九段下の「RAKURAKU」にて開催





▲写真をクリックすると大きく表示されます

◾️関東の同期会を始めた頃よく開いた「明治神宮を参拝してからの同期会」を久々にやってみたかったことと、初めての試み「カラオケ店での同期会」をやってみたく平成29年1月16日(月)に九段下の「RAKURAKU」で開催致しました。
◾️妙に人数が少なく、男性ばかりで驚きましたが、みんな好きな歌を熱唱する様は普段とは別人のような元気さと意気込みと表情から、身体中が喜んでいるのが伝わってきました。元気に仕事に励んでいたであろう頃が想像され、仲間たちの横顔を眺めていました。
◾️「やってよかったなぁ」と思ったのは私だけではなく、みんな一緒だったはずだと嬉しい気分でした。これからも内容を工夫し楽しい同期会を続けたいと願っています。(記・岡田 晃)

東京・九段下のホテルグランドパレスにて開催。

総勢50名(小松から17名、関西から11名、関東から22名)が集いました。


▪️卒業時のホーム別(400名)、教職員、天守台、冠雪の白山の写真が会場に展示され、「全員参加の同窓会」として傘寿(さんじゅ)を祝いました。
▪️2014年5月の粟津温泉での大同窓会・1の開催・文集を小松地方の仲間たちが発刊。これに感動した関東在住者たちがそのお礼をこめての開催でした。(注釈、この文集は「朝夕仰ぐ」というタイトルで発刊されました。詳細については松下さんが「天守台」(小松同窓会報)第48号(平成26年7月9日号)で詳細を報告しています)
▪️会が始まれば筋書きのない進行でしたが、近況報告あり、歌あり、囲碁烏鷺(うろうろ)ばなしありで、てんで気ままに声を荒げ楽しみました。
▪️ホテルのご厚意でロビー飾り花の前で記念集合写真を撮影。最上階ラウンジやレストランからの夜景を楽しむこともでき、大きく変貌をとげつつある東京の眺望を堪能していただきました。
▪️翌日はマイクロバス2台で東京観光。ベイエリアや高速道路からのビル群、厳かな明治神宮、都心でありながら静寂さを感じる皇居二重橋などなど。それとは対照的な日本橋や銀座、東京駅は関東在住者も充分楽しめました。
▪️昼食は六本木ミッドタウン裏の檜町公園でおにぎり弁当と「茅乃舎」の九州豚汁。お天気に恵まれての昼食を味わえ、大勢のお世話によるありがたさと美味しさを堪能いたしました。
▪️こんな出会いを出来たのも小松や関西の仲間たちの案内状発送などの丁寧な協力の賜物。感謝申し上げます。(記・岡田 晃)